2019年3月12日 (火)

子猫

Dsc01423_2






最近野良を見かけることがすくなくなって写真も撮れません。



たまの子猫も飼い猫でしょうかすぐ隠れてしまいます。




以前の野良達も恐らく処分されてしまったのか、消えてしまいました。




老猫ではなかったのですが。






尤も春になると家猫たちが散歩に現れるのを見るしかありません。






都会に出かける必要もあるかも知れません。









-  camera    A6500    Fe3.5macro 50mm   -




















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

2ワン

Dsc00709
     飼い主を待つビーグル。  老犬です。

 Dsc01068
     6ヶ月だそうです。





散歩の途次見かけたビーグル犬の2態。




2匹とも頭を撫ぜても平気。





他にも見かけますが飼い主と一緒では写真を撮るのに些か躊躇。









- camera:   Sony A6500 + FE50mm F2.8  -



| | コメント (0)

2018年12月20日 (木)

CheapCasio(チプカシ)

Dsc00639



Dsc00807







安価のカシオ時計の総称がチプカシ。




上掲のもので、¥13,000程。








中には数万以上のものもあり。






当方のチプカシは10年使用。





正しく永久カレンダー内蔵。



西暦まで表示されます。



月日曜日表示は当然。



Alarm,世界時計もOK.



Timer,StopWatchも可能。




Solarも10年という話で、新品を求めました。

機能はOK.

唯一の弱点が反転液晶の文字表示。





視認の可能性が薄い。



Designが良いので時刻の表示は問題にされない由。






以前、IW Davinci No.7を使用しておりましたが、年まで表示されるが修理の職人が我が国には一名のみ。

で苦労しました。



いまは知りません。

Casioで充分です。





秒迄正確表示。



Xperiaの時計と常に同時刻表示(秒まで)。




国産の有名品には名ばかりの永久カレンダーにて現実の表示は精々日、曜日程度。



カシオには負けてます。

只、カシオの反転液晶だけは困ります。



時刻他がよく見えぬという視認性における大欠点!!!





近い将来の改善を願うばかりです。

注:Title,”CheapCasio”が表示されないようです。

- camera: sony A6500 ; FE50mm F2.8  Macro  -






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

御茶ノ水駅舎工事

Dsc00405


Dsc00419




2020年頃までには完成するのでしょうか。



詳細予定は不詳です。


プラットホームを歩いてみてまだ大分かかるようです。2,3年要する感じ?



リフトは2019年頃に完成予定との噂もあります。




リフト、エスカレータ工事だけならこれほど大規模工事が必要なのか素人には分かりません。




駅舎が立派になると近所の木造ビルも近代的な建物に変わるのかも知れません。




勤務している人達の感じが変われば良いのですが。




尤もこの辺が我が国の美点であり、過去は其の儘とし崩壊するまで使用するという美点。









- camera : sony a6500 + selp16/50   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

Cuber

Dsc00188


Dsc00202


Dsc00198


Cube Playをする人の呼称がCuberとのこと。


Megahouseの製品を求めると「認定書引換券」がついており郵券¥500の送付で凡そ3週間後に上掲の認定書が送られて来ます。


手順書を見ながらの完成ですからあまり自慢にはなりません。



兎に角6面揃えは終わりました。



次は手順を見ないで揃える難関が待ち受けておりますがいつのことになりますやら。



57通りの手順を覚えることなど先ず不可能。




Cubeも計7個になりました。





早くて5分、じっくりで30分かかって揃えております。




近況報告まで






- camera  :  Sony A6500  + Fe50mmf2.8  macro  -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

色々

Dsc03933



Dsc00017







黄色にも色々あるものです。





交通信号は黄色とばかり思ってよく見ると橙色。

黄色はWarningの意味で固定した黄色の概念、観念があるものですが、世間ではそうではないようで。





Cubeの場合は個人の使用上の問題もあり、当方の黄色概念に反するので、右側のGANのCubeの購入先のAmazonに相談の結果返品させて頂きました。




かなり有名なBrandですが、今後は敬遠する必要のあるBrandです。




尤も将来当方の黄色概念に変化が起これば別ですがいまのところ己の概念に従います。





ぼやけた橙色の交通信号には止むを得ず危険信号と理解せざるを得ませんが。






- camera: Sony A6500 + Fe50mm  f2.8  -





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

悪戦苦闘

Dsc03816





Dsc03812







残り3個で難航していたCubeも2日後にはやっと6面完成しました。





依拠の手本は公式ガイド本。



結果的にこの書物が最も有益でした。








動画は殆ど無用でした。




只皆様の手法を眺めるだけに終わりました。




攻略本の有難み。




宝島本もありますが赤線が細くて見辛いという欠点が!






塾というのにも参加しましたが、6面完成への助力は得ましたが以後の研鑽には余り有益なところではなかったという印象です。


指導、教示面では欠落の多い結果だけが残りました。


1人¥4000で2,3人の参加でPayするのでしょうか?




個人ガイドも受けましたがiPad動画を頼りにするという誠に頼りないのない教え方!



こちらも計¥4000を費消しましたが落胆という印象だけでした。






残るは頼りにするのは書物しかありません。




それと非力な自能力のみ。







Cubeそのものが高価ではない関係で未完で終わってもさほどの失望感も湧かないということでしょうか。






当方は6面完成しても今後は余りいじることはないと思います。





時間と労力(手指駆使)の費消という事実はあります。




視力の弱化という欠点もあります。







字習と読書に今後は時間を費消すべきと思っております。





愚息からの呆け予防に頂戴したものではありますが、その目的の為には他にも種々あるやと思ってはおります。


鶴亀算、相対性原理等の勉強とか!








Cubeの現在の印象です。




拙い感想にて恐れ入ります。






-   camera   :    Sony A6500 + Fe50mmf2.8 macro   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

迷惑千万表示(終章)

Dsc02741







上掲の迷惑表示は一例です。





他にも多々ありますが、省略します。



やっとこれら迷惑表示が削除可能であったようで、この一週間表示されない状況が続いております。




Chromeからの削除処理をいたしました。




これが無効ならSafeModeからの処置があるようですが、未だその必要がないようです。



Safemodeは面倒な作業ですから、余り作業としては忌避したいと思っております。







この台湾企業にもMailを何度も入れておりまさすが、敵は名前が知られて良い機会になったかな程度の考えでしょう。




尤も同社も利用されていただけかも知れませんが。








一応現状まで。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

曼珠沙華

Dsc03552
暑さ寒さも彼岸までとやら。めっきり涼しくなりました。
夏掛けでは寒いほどです。草花や虫が撮れるので
喜ばしい限りです。


話は変わります:

Dsc03648


Dsc03649


Dsc03650


Dsc03654





Cubeの方が最終段階に到達しました。




専ら文献を頼りに揃えておりましたが何とかここまで来ました。



現在2冊ほど世界配色用のCubeの本が出ておりますが、毀誉褒貶の多い書物です。





当初当方も余り文献への依拠は敬遠しておりましたが、止む無く使用したということでしょうか。






上掲の写真では各面に残が1,2個ありますが、これの処理には苦慮しております。


書物には委細の説明はなく、動画は各々の崩し方を元に進めているようで無益というべきでしょうか。




海外の動画にも当方と同様の状態に近い並びがなく役には立ちません。
然し1点差異があるのが海外動画には回転記号が記載されていること。

国産動画にはこの回転記号が付されたものはないようです。

遅れているということでしょうか。




1個を国内動画を参考に回転しましたが、見事に失敗。




再度2層の構築と上面のやり直しです。




この上面完成が一筋縄では行かない難儀な作業です。





何度も回転して失敗、又失敗の繰り返し。






2Cubeはその侭放置状態にしてあります。





時間、苦労の意味を今になって問う始末です。





知力の錬磨にも限界あり。






親切な書物、動画を希望いたします。




海外のKids向けというのを眺めるのも飽きて来ました。
何回眺めても揃えかたが異なるので同様には進展しません。
43京ある揃え方の一つに合致する筈はなし、従ってこれも無益な時間の費消に終わります。






年末には孫達にCubeをプレゼントする予定も躊躇いたします。

揃え方を教えることもも出来ないし。





Stressも大分溜まり上述の如くCubeの意味を考えるのも取りやめ一休みの状態です。





camera:  Sony A6500 + FE50mm macro -

| | コメント (0)

2018年9月23日 (日)

新カメの噂:A7000

A700011









A7000   APS-Cの新カメの噂が出始めました。



一方A6700の噂もあります。



更にはAPS-C用の31MPのGlobal Shutterの開発も発表されております。




年末までには新製品が出る様子です。





A6500が略完璧な仕様の為後継機の必要性については疑問もあります。



当方は飽くまでも、1/8000,28~30MPの仕様搭載が希望です。





A6500の発売から2年経過しているので、後継機の発表時期が到来はしております。



フォトキナでの発表も期待されます。





ニコン、キャノンのミラーレスFFは、ソニーのFFに比較して仕様面での優位さがないので、当方は余り関心がありません。




デザイン面でもソニーに比較するといただけません。

ニコンの評判が宜しくないので命運を賭すカメラになりそうです。




当分業界動静を眺める時期かも知れません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«あと2歩