« ノイズ | トップページ | 並発見 »

2008年8月30日 (土)

中発見

大発見はなかなかありません。

今回は「中発見」です。

過日の打楽器演奏曲のCDの画像は肖像権のこともあり、止めました。

しかし、別の方法を思いつきました。

md1.jpg
バルトークから吉原、更に「黒いオルフェ」まで、約5時間の音源をMDに収めました。

打楽器部分が一部にしか過ぎなかった点は、既述の通りです。

打楽器部分のみの編集は改めて。

画像の表示ということで。


ondeko3.jpg
「鬼太鼓(おんでこ)」「和太鼓」計4枚分のMDです。

実にダイナミック、豪快、繊細な様々の太鼓の演奏。

中でも最も素晴らしい太鼓音の感動を得たのは、「対馬蒙古太鼓」という曲でした。凄い迫力です!

21時頃から聴き始めたのですが、途中雷の轟音と振動で、さすがの重低音が得意のノイキャンもたじたじでした。

雷様の天啓、天示が轟音と振動に秘められているのではないか、と考えてしまいます。人間ども静かにせい!とでも教示しているのでしょうか。

わざわざの人工的な騒音を敢えて遮断するために、太鼓のみを敢えて聴き続けるという領域にまで達したわけですが。

しかし太鼓ばかり聴き続けるのは、些か疲れます。

今夜も太鼓を聴き乍ら横臥致します。

「鼓童」を次に聴いてみたいと思って、勉強中です。


- CAMERA: E5000 -





|

« ノイズ | トップページ | 並発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中発見:

« ノイズ | トップページ | 並発見 »