« 川辺の花 | トップページ | セセリ蝶 »

2008年9月24日 (水)

パナG1

オリンパスからも、m43及び43の新機種が発表されました。
m43のモックアップをフォトキナの展示画像から判断する限り、かってのハーフサイズ版のペン風。

これは、これで良いのかも知れませんが、草花を専ら撮る者には矢張り可動液晶付きが便利。

43の新機種も、重量級のよう(E520とE3の中間)。

パナソニックの小形、軽量のG1を先ず検討することになりましょうか。


g1depan.jpg

g1atas.jpg

g1belakang.jpg


必要な仕様は、ほぼ完璧に網羅されていると思われます。
ゴミ処理装置も搭載されている由。

セルフ用のランプもちゃんとあります。

十字ダイアルに機能表示のあるのも便利。

6x6時代からファインダーの使用も頻繁ではなかった為、EVFについては特に問題を抱きません。現実にはマクロ撮影の場合、ファインダー使用もありますが、AFがしっかりしておれば、液晶のみでも充分かと。

m43マクロレンズが開発されるまで、オリマクロをアダプターを介して使用することになりますが。

キットレンズの最近接30cmが些か遠いかと。

開発中の20mmパンケーキの最近接が、20cm程度なら何とかなるかも知れません。

使用リポートの発表を楽しみに待つことに致します。

注:発売製品には、レッド、ブルー、ブラックの3色が用意されているようです。尚今回は当方の撮影画像はなく、パナHPから画像を借用させて頂きました。有難く御礼申し上げます。

|

« 川辺の花 | トップページ | セセリ蝶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パナG1:

« 川辺の花 | トップページ | セセリ蝶 »