« 中発見 | トップページ | 花2点 »

2008年9月 3日 (水)

並発見

今回は並の発見です。中の上くらいでしょうか。

太鼓のみを4時間も聴き続けるには、かなりの鍛錬が必要のようです。

音楽性の追求とか、打楽器の研究といった企図が要求されるのではないでしょうか。

マスキングの為に太鼓音楽を聴くのは、誤った手法であるかも知れません。

マスキングが目的とはいえ、矢張り普通の音楽的な要素が多少必要かとも考えました。


そこで;


jlc1.jpg
「ジャック ルーシェ トリオ」のベースとドラムが、ピアノ以上に、力強く演奏されていることに、思い至りました。これが「並発見」。

「オイゲン キケロ」の場合は、ピアノが強く、ベース等はややソフトに演奏されているように思われます。それでも打楽器は、連続演奏といえます。

「鬼太鼓」も素晴らしいものですが、全曲が太鼓連打ではなく、笛、鉦?、更には小太鼓等も含んだ曲があります。打楽器音楽としては、それで良いと思われます。

音楽は専門ではありませんので、細論はさておいて;



jlcgold1.jpg
以上に加えて、J.ルーシェ トリオの「ゴールドベルグ変奏曲」の、計4枚のCDをMDにおさめました。約4時間。

身内から頂戴したCDですが、肖像権問題はないと考え、画像を表示致しました。最近では毎夜このMDを聴きつつ横臥。太鼓も聴きますが。

バッハは好んで聴きますし、グールドの次によく聴く"Goldberg"は,Jacques Loussier Trioの演奏ですが、耳に優しいし、深夜には丁度良いかなと。

およそ21時頃から聴き始めますが、全てを完全に聴き通したことはありません。

大体「ゴールドベルグ」が終わる前には、睡ってしまっているようです。

深夜に覚醒し、ノイキャン、コンポ電源オフして、再睡です。

これで一日の終わりです。

さて、マスキングの効果は?

まとめは、「鼓童」を聴いてから。


「引越貧乏」を更に経験するのが、最短の解決法ですが、引越先はまだ見つかりまっせん。


今日の「艱難」、昨日の「辛苦」!

「明日は晴レカナ、曇リカナ」?


- camera: e5000 -

|

« 中発見 | トップページ | 花2点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 並発見:

« 中発見 | トップページ | 花2点 »