« 名残 | トップページ | 猫・花 »

2008年11月 3日 (月)

パナG1到来

先ずはサイズのことから。


g1330frt2.jpg

g1330lcd.jpg

g1330frt.jpg

サイズ、重量ともにG1の方が、約30%小さく、且つ軽い。

LCDは、サイズ、鮮明度において比較は出来ず。


浅草寺参詣の折のスナップです。ご笑覧下さい。


askstower.jpg

asksceiling.jpg

asksmmain.jpg


asksriksha.jpg

asksachrysthm.jpg

askswarng.jpg


askskuanin.jpg


日曜日とあって、大変な人出。

人と肖像権に抵触する恐れのあるものを避けて撮るのは、至難。

殆どは「お任せ」撮影です。

使い勝手は、右手に保持するため、無意識に十字ダイアルボタンに触れてしまい、LCDに突然「フォーカス」「AWB」マークが表示されてしまうので、その都度表示を消すという面倒があり。右親指の位置に要注意。ボタンがこれ以上堅くても不便であろうし。もともと女性対象のカメラとあれば納得可能とする。

画像削除時間が些か遅い。E5000並。処理速度の改善等ありうるんでしょうか。

シャッター音が大きい、つまり振動もあり、ぶれ易いということでしょうか(レンズに手振れ補正装置がありますが)。

感想としては、良く出来たカメラだと思います。


マイクロマクロレンズの開発に期待しておりますが、多売に期待不可能なレンズに、果たしてパナの食指が動くでしょうか。

当分は、キットレンズにて多用な仕様設定の勉強です。


- camera:panasonic G1 w/14-45mm F3.5-5.6 +E5000(cameraの撮影) -










|

« 名残 | トップページ | 猫・花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パナG1到来:

« 名残 | トップページ | 猫・花 »