« 二塔 | トップページ | 二番煎じ »

2010年8月15日 (日)

近接撮影

キットレンズの18-55mmの研鑽もそろそろ終了。


DSC01269biscclk11.jpg


DSC01297seseri1.jpg


DSC01303seseri2.jpg


DSC01315dalia.jpg



このレンズで撮影可能の被写体を撮る、という結論。マクロ効果を企図して、クロップばかりしておれない。

余りの手数をかけて撮る意義とは?

気楽にAFで済ませたいのが本心!

ユラユラ微調整でクラクラするのは、面倒至極。

以前パナG1にオリレンズ用のアダプターを装着、オリマクロにて、拡大焦点合わせの折のユラユラ経験はもう沢山!

ソニーからは、Eマウント3本のあとの計画も発表ないし!

こんなものでしょうか?

ニコンのミラーレスの可能性ありそうな噂ですが、液晶は?マクロレンズを含めたロードマップはどうでしょうか? 固定液晶なら、全く関心ありません。

とにかくソニーには、マクロレンズを一日も早く開発して頂きたい。あるいは、アダプターのAF可能化!


注:上掲画像は、全てクロップしてあります。



-camaera: NEX-5 w/18-55mm -

|

« 二塔 | トップページ | 二番煎じ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近接撮影:

« 二塔 | トップページ | 二番煎じ »