« 初冬 | トップページ | 稲荷社 »

2011年11月26日 (土)

冬景

_DSC7510ssk.jpg

_DSC7505wrnng.jpg

_DSC7540rd.jpg

_DSC7546yllw.jpg

_DSC7553pnk.jpg

_DSC7563wht.jpg

_DSC7574rd2.jpg

_DSC7590bee.jpg

_DSC7580cat.jpg


珍しく猫に遭遇。

飼い猫でしょうか。

逃げもしません。

野良ですと概して逃げてしまう。


近辺の草花は撮り尽くしました。

あとは虫達が撮れればと注意深く歩いておりますが、なかなか見つかりません。

そのうちに。


閑話休題

暗い話ですが再び年金減額が決まったようです。

1%減額は決して小さな数字ではありません。

一体物価の数値を如何に算定しているのでしょうか。根拠が不明です。

あっいう間にいとも簡単に決まってしまったようです。

他に考慮すべき税金の使途はないのでしょうか。

宇宙基地に一兆円を費消したりするよりは、地上に生活する人間を先ずは考えて欲しいものです。

ソユーズ搭乗には一名40億円要する由、アメリカの十分の一ですから、過去どれほどの税金が宇宙開発に費消されたことか?実際に支払われた額については不詳ですが、無償搭乗などありうることでしょうか。一度NASAにでも聞いてみようと思います。

有人船より、地上の乗り物にお金を使用すべきと、こぼすのはお隣の国の人の言葉ですが、この言葉は一部わが国にも通用するのではと思われます。

宇宙開発のもたらす利益を無視するという訳ではなく、地上の人間の方が優先されるべきという視点はないのでししょうか。

尤も年間一億の税金が議員一名に費消されるという由。こちらの方から先ずは解決すべきでょうか。

解決の可能性などありましょうか。

さあて我々に課せられて義務とは何か、後世に有益なことのために何をなすべきか、と己個人は考える次第です。精々この生き様を続けることしか能はありませんが。




- NEX-5 w/30mm macro -







|

« 初冬 | トップページ | 稲荷社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬景:

« 初冬 | トップページ | 稲荷社 »