« 洗心 | トップページ | 予想 »

2012年3月 6日 (火)

好語

_DSC8113ktb2.jpg


_DSC8110yr.jpg



穏やかに日常を送ろうと努めていると、時折邪魔が入る。

今回は名古屋の方から。

名古屋知事の発言には、些か乍ら衝撃を受けた。

南京事件のこと。

亡くなった人達の数の問題を話したよう。

現実には、ありえない数字という。

問題の根源は、数字のこと以前に侵略した他国で犯したことではないか。

全く呆れた発言のよう。

常識以前の知的能力に欠如した発言。

かかる知的次元を自ら低度化した発言が、いかなる問題を惹起するかに思いがいたらないというお粗末さ。

案の定、交流問題に罅が入っている。今後暴動でも起これば、どういう責任を取るのか。


維新塾にでも通うか。湛山や漱石の著作を読んで、言動や思索でも一から学んで頂く他なし。

名古屋知事の発言に同調した都知事には、法華経に関する書物もあるようなので、湛山を熟読し、湯島聖堂に半年ほど通って、儒学の勉強に従事し、維新の淵源となった我等の先達達が、勉強した事柄を学んで頂きたいほど。小説もものされる由故、漱石の中国観を読まれることをそ勧めしたい。

歴史からまなぶことの重要性を、現在尚言われる情けなさ。否、再び教えられることの情けなさ。

是が最も重要なこと。


言葉こそ、最も留意すべきこと、依って発言には気をつけるべし、と言うようなことを述べたのは、
湯島聖堂で教えた維新の志士達の先生であった儒学者の言ったことではなかったか。


徒に軽率な発言は慎むべし、と己にも言い聞かせる。



- camera:NEX-5 w/e30mm -



|

« 洗心 | トップページ | 予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好語:

« 洗心 | トップページ | 予想 »