« 上野駅 | トップページ | 五輪TKO »

2012年11月15日 (木)

虫声

DSC00598ab1.jpg


DSC00655abbr.jpg



人語、と続きます。

過ぎた季節ですが、手紙の挨拶に良く使用しました。

「虫声人語の候」と記し始めます。

毛筆を御使用の方は、未だお使いかも知れませんが。

何れにせよ外来の言葉です。

立冬も過ぎましたが、これも我が国固有の言葉に非ず、渡来です。


本来の意味を論議する目的はなく、我流の解釈を一言。

虫声はきっと存在するでしょうが、我々には聴こえない。

万一虫声があるとしても、密やかに、穏やかには発しているのかも知れず。

それ程に、人も声を大にして話すことはせず、且つ多弁は弄しないようにする。

話すにしても、他に聴こえぬ程の小声が重要。


上掲の四字の言葉は、かく諭したものではないか、と勝手に解釈してます。


兎に角、草花を眺めていると、虫達の無心な姿にも感心します。


いっそのこと、貝のように殻を閉じて沈黙に固執するのが賢明なのか。



-camera: NEX-5N w/e30mm macro -









|

« 上野駅 | トップページ | 五輪TKO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虫声:

« 上野駅 | トップページ | 五輪TKO »