« 科白 | トップページ | 落葉 »

2012年12月 2日 (日)

巴九里

_DSC1208n2.jpg


ぱくり、のことを少々。

逮捕する、盗む、とかいう場合の用語。

余り良い言葉とは言えない様。

上掲画像のニコンⅠはコンタックスのコピー。

SPを使用したことがありますが、本体はペコペコの印象、連動距離計は修理不能であったような記憶があります。

一方キャノンは、Leica 3F、3G等をコピー。

3F,3Gは使用していましたが、フイルム装填が実に難儀であったことを想起。

このタイプには、ニッカ、レオタックス等もあり、そっくりの、良く出来た模倣でした。

二眼はRolleiをコピー。エルモとかが。

蛇腹式のSuper6は、似たタイプのものが種々ありました。セミパール、オリンパス6他。


ハッセルは、ブロニカに模倣され、訴訟を起こした経緯あり。

兎に角我が国の光学産業は、全て模倣からの出発。

輸出産業の花形でした。

カメラの話は尽きません。

ミゼット、マイクロから開始して、ディジカメに到達する迄の話には、種々の思い出があり、上記だけでは済まされません。

通常「ぱくり」という言葉を、海外のそれに対して使用する場合が多々ありますが、我が国のカメラ産業の歴史は殆どが模倣からの出発であったのは否めないこと。


真似という言い方もあったりして。


カメラを求めた際の景品に頂戴したのが、上掲の純金製栞ですが、身辺整理している折偶々発見。

何れ紛失してしまうことになるかも知れず。

この栞から、以上己のカメラ使用の思い出を、脈略なく少々だけ。


-camera:NEX-5 w/e30mm -









 

|

« 科白 | トップページ | 落葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巴九里:

« 科白 | トップページ | 落葉 »