« NEX-FF | トップページ | 新レンズ »

2013年8月21日 (水)

復元

_DSC0001srs1.jpg

_DSC0017hibis.jpg

_DSC0020hibis2.jpg

_DSC0023org.jpg



過日は、竪穴式住居復元が消失した由ですが、当方の場合はカードメモリー消失の復元のこと。

「転結」から始めます。

CARDRECOVERYというカード復元の優れたソフトに一難を救われた話です。

消失したカードのサイズ、撮影日時、撮影機種他全て復元するというソフトの存在には、不勉強ながら驚きました。KEY入手に¥3,780ほど掛かりました。

某月某日の重要な記録が突然消失した訳ですから、少々慌てました。

当方、画像の保存には2種類の加工ソフトを使用しており、使用後は重要と思われるものは外付けに保存しております。

当日の失策は、第一の加工ソフトを全削除したところ、第二ソフト分までが削除されてしまったことです。

メモリーカードは、保存が終了後には、即全削除するのが習慣です。

たまたま当該画像は撮りなおしの不可能なものでしたから、一瞬臍をかみました。

ここからは、「起承」の話です:

一応何か解決法がないか調べたところ、ソフトfn(仮称)というのを発見。直ちにサンプル版にてtry。randomに復元はされたのですが、千差万別、千種万様、唯の画像リスト如きものが表示され、それから先は¥3.980を支払ってDLの後KEYを入手せよとの表示。早速ONLINE決済し、KEY番号を入手し、いざ入力せんとしたところ、当該欄は跡形もなく消え去り、手の打ちようがなく、当該業者あて電話するも全く繋がりません。業を煮やして、電子メールにて質問、2日程経て担当者名もない電子メールによる回答あり、別のPCにDLせよとの示唆。呆れました。

これでは駄目だと判断、冒頭のソフトに行き着いた次第。

 

K-COMでも眼にしておれば良かったのですが、後の祭り。当方の愚かさを悟った一事でした。

「ゴミ以下のソフト、電話が通じたためしがない」というたった一行の書き込みを見て、さもありなんと思った次第です。


CARDRECOVERYのKEYは、確か36桁でしたか。保存もMY DOXにきちんとされ、即外付けに保存したのは言うまでもありません。データの正確さには脱帽です。

世の中様変わりし、且つ恐ろしい状況にもなっているのを認識せぬ、己の愚かさをここでも悟らされた次第です。

先ずは世界を見るということを学びました。

先日も我が国では不可能なSONYカメラのシャッターカウントの解析法が、海外に存在にすることを知り、GLOBALという言葉で己を納得せしめたばかりですが。

話はかわりますが、新PCの診断が完了して、12日目に戻って来ましたが、修理に数万円も要する見積もり。梱包から解きもせず畳の上に寝かせた侭です。この旧PCが何とか動くので、当分この侭です。

残暑厳しい最中の饒舌にて失礼致しました。

(誤作動多いため読み難い言葉の羅列にて不悪)

 

-camera:NEX-5 w/e30mm macro -










 

|

« NEX-FF | トップページ | 新レンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復元:

« NEX-FF | トップページ | 新レンズ »