« クロップ | トップページ | 接写 »

2013年10月25日 (金)

名残

_dsc0926_1yrkty1_1


_dsc0933_1alchl





_dsc0937_1aleaflet



_dsc0945_1em1cata



○自転車の先には、物乞いが。

○銀座への入り口ですが。

○良い靴を履いて、折り曲げた座布団に座って。

○只顔を伏せているのみ

○立派な造型が。

○お酒屋さん、黙って写真を撮らせて頂きました。


○話題のα7のコピーリーフレット。

○量販店にて入手。

○メーカの準備不足を互いに嘆く。

○オリンパスからは、EM1のカタログ一式送付あり。

○律儀なオリンパス。

○ライオンのプリント写真もあり。

○人気上昇中、納期1ケ月!

○12-40mmが素晴らしいと。

○マクロレンズを使うために戻るかも。



閑話休題

α7系は、11月15日発売予定。

FE2470mmとE1670mm(括弧内)の数値差:

73.0mm-(66.6)=6.4mm径
  94.5mm-(75.5)=19mm 長
 
 
 
  426g-(308 )      =118g   重量

注:写真機本体は、407g程度で重量的問題なし。



FE2470㎜は現在日本縦断中にて 、実物は確認不可の由(ソニーの話)。

 

数値的には、気にすることもなし。


FE2870mm、FE35mmの作例の評判非常に良いよう。

シャープ、解像良し、周辺問題もなしとのこと。


海外作例は、重くて待てぬのでじっくり眺める暇もなし。

量販店の展示を眺めて判断することになりそう。


現在使用のもののシャッターカウントの直近数値:38,100.

1年:約12,000

 

他の写真機も使用しておりますが、1ケ月1,000では頻度少。

良く頑張りました。

 

特にE30mm  macroは、大活躍。

近々Zブランド品E50mm macroの発売計画もあるよう

手遅れ。

残念です。

今後FEレンズに変更して行く公算大。


寧ろマウントを使用して、Aレンズの50mm macroを使用するかも。

万一α7Rを求めるとしても、当分はE30mmをクロップ使用の予定は既述の通り。

あと2週間ほどで、この写真機も当分休養に入る予定。

名残惜しい、の一言です。

- camera:NEX-5 w/e30mm macro-

 

|

« クロップ | トップページ | 接写 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名残:

« クロップ | トップページ | 接写 »