« 定点 | トップページ | 御礼 »

2013年12月22日 (日)

写真

Dsc00096

Dsc00134_3



Dsc00155_1mini1

「写真」、真を写すこと。

江戸期の画家の言葉であったような記憶があります。

「写像」という言葉もあるようです。

こちらは哲学上の言葉のようですが、何れも対象の問題のようです。

何れも当方にはかなり隔絶した次元のことにて、専らものを写すだけです。

背景の意味について、とやかく記すのは饒舌の領域のことのようです。

上掲の2葉は、E30mmでの撮影。

2枚目のものは等倍で確認した段階では、歪曲はなかったのに、圧縮すると見事に曲がっていて痛く失望!

APS-CレンズをFFにて撮影したものですが、クロップしない15MPの画像です。

過日同様の景観をFE35mmにて撮影、然し工夫の不要なレンズにて、只良く写るレンズであることだけは明白です。

FE55mも発売されておりますが、画角と最短撮影距離の観点で、余り関心が湧きません。


FF用のレンズを使用するのが、鉄則のようですが、次にAPS-Cの1650mmで撮影したのが3枚目のものです。こちらは、36MPをクロップしたものです。


唯一残念なのは、蹴られないのはテレ端の50mmのみ。

依って15MPで妥協するならば、機動性抜群の軽量化のために、このレンズの使用が一番!


ズーム距離も表示されるので便利!


FE2470mmが発売されるまでは、種々なレンズの使用の試行錯誤は止むを得ません。


- camera: α7R No1&2 w/e30mm macro,No3 w/epz1650mm -
















|

« 定点 | トップページ | 御礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真:

« 定点 | トップページ | 御礼 »