« 立春 | トップページ | 青芽 »

2014年2月16日 (日)

草木

_dsc1989

_dsc2027

_dsc2053_1akaba1


草花が撮れるまで草木撮影の勉強、と思い立つ。

木々を対象とするのも容易ではなし。

写真に撮るからには、美醜の限界を弁える必要もあり。

唯一の利点。

蹲踞せずに済むこと。

但し集合、個体の表現については意義の設定が必要。



春はすぐそこまで到来しつつあり。

草花,虫が撮れるようになるのはもうすぐ。


それに合わせるかのように、APS-CのEマウントマクロレンズ50mmの発表がありました。

ブランド品の所為か、およそ10万ほど。

当方フルフレームに移行中のため、今更APS-Cレンズを求めるか否かは重要な問題。

その点はさておいて、画像の加工時に等倍で眺めると、初期のキットレンズもまあの結果と安心するも、圧縮してしまうとがっかり。

写真とは難しい作業。

己の満足にて終わることが出来ない。

思索はそこまで。


写真にそれ以上のことを己に求めるのは酷。

 と言ってこの場を乗り切る。

- camera: NEX-5 w/e18-55mm  -






|

« 立春 | トップページ | 青芽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草木:

« 立春 | トップページ | 青芽 »