« 晩秋 | トップページ | 噂 »

2014年11月30日 (日)

紅葉

Dsc07902

Dsc07911

Dsc07922

Dsc07929


読書の秋に合わせて季節向きの書物も出版され、当方も合わせて2,3購入。

先ず漱石の「心」が二種類。

一冊は、漱石装丁本の復刻版。

余り良いとも思えず、というのが当方の感想。

更なる一冊は上記よりも価格が低いが、こちらは気に入りました。

決して豪華な作りではなく、新書版ほどのサイズ。

箱入り,装丁が素晴らしい。

さすがにデザイナーの装丁。

スピンも厚いものが使用されており、字のサイズもまあ。

こちらはネットでは既に品切れの由。


一方、「100年前の文庫本」五冊箱入り版はなかなか到着せず。

今日現在出版されたのか否かも不詳。

11月28日刊の筈ですが。

何れのものも既読のものばかりで、書物として求めるもの。

読書のためではなく、積読書のため。

時折眺めたり、手に取って見たり、たまには頁を適当に開いて数行を読んだり。

真に不思議なことに、文庫本の方は、あるネット上に詳細なReviewがあり、しかも新本のについての表示はなく、中古本として約5倍の価格にて販売中。

これには聊か吃驚。

どうも当方には理解に難儀なこと。

注文可能の時点で、Mailにて連絡するとの表示は出ていたのですが、Mailはさっぱり。

いきなり中古本の販売表示。

世の中色々あるものと思っている次第ですが。



- camera: A6K+e30mm macro -




|

« 晩秋 | トップページ | 噂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晩秋 | トップページ | 噂 »