« 創造性 | トップページ | 残暑 »

2015年8月 9日 (日)

新カメ到来

Dsc00033

Batis25mm2.0 ISO100 f11 1/15

Dsc00037
Batis25mm2.0    ISO100   f4.0   1/50



Dsc00089
Batis 25mm2.0     ISO100    f4.0   1/200

新カメ=ソニーA7RIIのことです。

取り敢えず、5軸手振れ補正を試してみました。

1/15, 1/50でも目立つブレがなく、大いに助かります。

(尤も画像は圧縮されるので、ボケ写真かも知れませんが。)

1/50程度のSlow Shutterが使用可能なのは嬉しい限りです!

AFもハイブリッドと速くなりました。

サイレントシャッターは、連写、HDR、エフェクト他の使用不可等の制約事項が多く当方には実用性なしと思われます。その必要性が出来すれば止むを得ず使用するということになります

4K動画は余り関心がありませんので、テストはいつのことになるやら分かりません。

 

必要な仕様を多く詰め込み過ぎた感もあり、ずっしりとした重量感があります

回Batis25mmを装着するとかなりの重量です(カメラ625g+25mm335g=960g)。

徐々に重さに慣れてくれると良いのですが、軽量化の為にAPS-Cレンズで間に合わせることが多くなりそうな予感がします。

ところで、Batis25mmの玉葱ボケには困りました。

上掲の2枚は余り宜しくない玉葱ボケが如実に表現されております。

FE28mmも、同様に玉葱ボケがひどいとの話もあり、敢えてこちらを選んだのは失敗でした。

ただ、Batis25mmは最近接が0.2mという点で、マクロ的に使用可能という点で妥協するしかありません

このカメラが当方にとって最後のカメラになるかも知れないと、思っておりましたら、更なる新カメの噂です。

A7000,A6001の何れかがが8月中に発表されるとの噂です。

他社がソニーの24MPセンサーを使用するには、ソニーが当該センサー使用の製品発売後6ヶ月以降とのことで、ソニーとしても急ぎ発売の必要性がある由です。

 

4k動画その他仕様が云々されておりますが、当方は合マグボディ、補正ダイアル、水準器等の仕様が実現するなら検討はします。

それまでは、新カメでの研鑽を積むまでです。

-  camera:  A7RII + Batis 25mm   -

 

|

« 創造性 | トップページ | 残暑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 創造性 | トップページ | 残暑 »