« ソニーの元気? | トップページ | スロモ(2) »

2015年10月17日 (土)

上野再訪

Dsc01621_1nyanbr
 過日は新聞紙の上にいましたが....。背景ボケは秀逸。

Dsc01645
 先日の写真は水を飲んでいる姿を撮影。ボス猫の由。

Dsc01675
 建物が歪んでいますが撮りかたの所為です。シャッターを押す際に右に傾いた証拠!

Dsc01707
 こちらのボケも綺麗です。

Dsc01727
 近景もまあまあです。有名な書字に失礼かな。

Dsc01598
 アメ横寸景

Dsc01778
 芸術院近くから上野広小路方面を望む。左側上野駅。

Dsc06074
 AマウントSAL50mmレンズと装着に必要なアダプター。不格好です!

久しぶりで、日本製の純正アダプターに日本製レンズを装着し撮影。

不思議に愛着心が湧きます!

銘柄が外国ものではない点が特に良い。

絵葉書如き写真の羅列にて不悪。

最後の画像が、そのアダプターとレンズ。

カメラはソニーブランドですが、タイ製です。

良く出来ています。現時点では大満足です。

しかしながら、このレンズ、AFが行ったり来たり、つまり迷いが多いので、MFに設定し撮影。  これが弱点!

計約1kgでは少々重い感じもあり。

新製品の純正FE90mmマクロレンズもありますが、レンズが600g,カメラ共に計1.2kgにてとても小生の腕力、膂力では無理。携帯にも不便。

一方、このSAL50mmならマクロ、近景、遠景等に対応可能という便利さ。

画質の良いSigmaAマウント70mmも製造中止、入手は可能ですが。

然しこの優れたレンズは500g強あり、アダプタ―共々軽く計1kgOver!

90mmマクロ装着と変わりなし!

ともかく1kgを上限に、嵩張らないという条件が当方の携行には重要。

話が軽量の新カメRX1RIIのことになりますが、FF,42MP,35mmレンズ固定のものが海外発表済み。

当方待望のチルト液晶とはいえ、$3,299、つまり日本では¥40万程!

いくら500g?と軽く、小型でも、とても手が出ません!

当分重量級のもので我慢、我慢。

重量物を携行しても格別体力、腕力が強化される訳ではなし。

寧ろ、身体の弱化を強めているのではないかと思われます。

これ実感です。

という訳で、APS-CのA6100の発表を待つ日々ではあります。

|

« ソニーの元気? | トップページ | スロモ(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソニーの元気? | トップページ | スロモ(2) »