« 蜂 姿 | トップページ | 病床からの眺め »

2016年5月21日 (土)

新カメ(EOS M3)

Dsc02596
グリップがM3の場合余裕あり、A6Kは指がつかえる!

Dsc02594
入光のためか細かい工作あり

Dsc02589
Hoodにも細かい工作が.....


Img_0123
22mm,0.15m接写は便利

Img_0129
魚眼撮影も可能

Img_0132
22mmがなかなかシャープ




EFM28mmMacroの予約完了、6月下旬の発売予定。




EOSM3を取り敢えず求め勉強中。




日本製のこと初めて知りました



キットレンズの22mm、15・45mmは台湾製。




茶筒擬きののっぺりSonyのE系とは大違い。




カメラは使い勝手はまあ良いとしても、Menuが些か複雑!




Sonyは容易に過ぎる感あり。

便利な点;

1.電源ON/OFFが押しボタンにて重宝。

2.電池、カードの装填が容易。

3.SmallがResize不要なFileSizeあり。





Nifty Blog用に元画像をResizeする手間が省ける。

Sonyとの比較では一長一短あり、何れが優れているか否かの論議無用。




当方はあくまでも近々発売予定の28mmマクロレンズ用として割り切る。





恐らく後継機種には、下記仕様は必須。

USB充電、Silent Shutter,4K動画、防振装置等々。




然し5月製の新カタログではM3にて準備している点から見て当分後継機種は出ないかも。




Mirrorless FFは可能性あるかも知れず。



36MP,EOSM系?仕様が完璧なら検討は必至。



M用のレンズは4,5本でも、EFレンズは山ほどあり!






お詫び:カタカナとAlphabetの混用にて不悪。




上掲画像:

3画像:A6300+E30mm Macro

 

3作例: EOSM3 22mm f2.0


|

« 蜂 姿 | トップページ | 病床からの眺め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蜂 姿 | トップページ | 病床からの眺め »