« ピンポン | トップページ | 昆虫の世界 »

2018年5月15日 (火)

天狗の話

Dsc01797







平田篤胤の天狗の話の中に頻繁に「五条神社」という名前が出て来ます。





隣の花園社は始終写真に撮っておりますが、北条社は鳥居の他余り撮ったことがありません。というよりついお詣りをしていないということでしょうか。








北条社は本殿には近ずくことが出来ないようになっておりますが、遠くから眺めてもさすがに立派な社という印象です。







天狗の話はさておいて書物のことになります。






400pほどの文庫本ですが面白い本でした(「仙境異聞」岩波文庫)。







平田の次の本も文庫版でしたが専ら古事記のこと(「霊の真柱」岩波文庫)。










大昔読んだ古事記を読む機会にもなりました。








津田左右吉の研究書も新書版で軽装。







ところで古事記伝の本居宣長の原典は保有していないので、「古事記伝を読む」という本を求めました(講談社刊:神野志隆光著)。





第一巻が何と、2010刊行のもの(古書ではありません)。





全く売れてないとうことでしょうか。





4冊本ですが他の巻も2014年版でした(第4巻)。







本の刊行の新旧は問題ではなく、折角の貴重な書物ですが宣長書の引用分に仮名がないため読むのに非常に苦労,難の連続。








「天下の悪書」と最初のページに思わず書き込んでしまいました。







仕方なく古書で原典も購入検討中です。




新刊書は皆無の筈。






全4巻求めるのに2~3万円)。







仮名が振ってなければ意味がないのでまず1冊購入予定にしております。






前記書は読むだけでStressがたまるので!

古い本を読むのに苦労する毎日です。






-    camera:   A6500  + SELP1650mm   -

|

« ピンポン | トップページ | 昆虫の世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天狗の話:

« ピンポン | トップページ | 昆虫の世界 »