« パイプ喫煙再開の記 | トップページ | Draculapipe(2) »

2019年5月21日 (火)

DraculaPipeと本のこと

Dsc00012_1 


Petersonにドラキュラパイプがあり求めてみました。

日本では入手が殆ど不可能な派手な色です。


1週間ほどで到着。

パイプとしては造りの云々は論外ですので触れません。


肝心の本のことです。


BramStokerというIrelandの作家がものしているのを初めて知りました。


PenguinBooksの在庫がAmazonにあり求めてみました。



もとよりDraculaについては余り関心がありませんが、Irelandの作家という点に興味がありました。


JoyceUlyssesをこつこつ読んでおるものですが、Irelandについての関心から求めただけのことですが。


BShawもアイルランドの人ということは余り気が付かない点ではありました。



Enya、U2、それにKeltのことなど。



ところで画像がまだ数枚ありますが、NiftyのBlogが未だに難解にてうまく行きません。




他の画像のアップは断念!



以前付記しましたがそろそろBlogも止める時期かと思っております。




或いは他への引っ越しもありかと思いますが。





  

 

 

|

« パイプ喫煙再開の記 | トップページ | Draculapipe(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パイプ喫煙再開の記 | トップページ | Draculapipe(2) »