« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月27日 (日)

Dunhill= Peterson

Dsc01768_20191027083801





昔懐かしいダンヒルのパイプタバコがデンマークにおいて再生産されました。

 

ドイツから取り寄せてみました。

梱包のガラス品注意の大きな赤いテープはドイツらしいところかも知れません。


缶の上面にOriginal Recipeという表示が5回連記してあり、質への自信が伺えました。


味感はまあまあですが終わりの方まで変わらぬ味には感心しました。


運賃がUS$40ほどかかりますので、今回は1缶¥2,000くらいでしょうか。



日本での販売も発表されておりますので近々国内にて購入可能ですが価格は不祥です。


評価の高いDurbarが含まれておれば良いのですが、発売種類も未発表です。

50gもので¥3,000程度になるなら海外から取り寄せます。








お詫び:

拙いBlogをご覧頂いていてありがとうございます。画像表示が厳しいようです。
Niftyにも説明内に未だ開発中とありますので、暫時現状にてご寛容願います。

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

新着パイプ

Dsc01746thumb1_20191022103401thumb1thumb
Dsc01748thumb1thumb2thumb1_20191022104401

Dsc01763thumb1thumb1thumb1  

Rmks:画像は2Mでも表示は小さい儘です。



 

 

 

 

Shapeの良いデンマークのパイプを求めました。

Bowlの高さが70mm、重さが60g。

木目もなかなかのものです。


その折にMississippi Riverを1缶50g求めました。

評判の良い葉ですが品切れもなく入手可能でした。

LatakiaもBlendされており、全体的に非常に良い葉という味感でした。

過去種々喫って来ておりますが、一番の味感ではないかと思います。

圧縮された葉の意味があるようです。


ところで、この50gに課税するのには驚きです。


成田から川崎への搬送費用、経費、時間 計3日ほどの駄費も考慮することなく課税処理を行う官憲の施策、失策,思索が理解不能です。




| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

肥後守豆

Dsc00748_20191002132701

小学生の頃の肥後守は鉛筆を削っていた訳ですからかなり鋭利であったかも知れません。

今では郵便物を開封するのに多用しておりますが。

|

パイプタバコ(2)

Dsc00860_20191001165801thumb1thumb2thumb 余り潤沢な状況ではない頃のパイプタバコを海外から取り寄せてみました。

殆どが入手可能でした。

しか課税約60%ですから些か無駄な買い物になりました。

中には個人業者が輸入しているものもあります。


味は最早感覚上欠落しているので何れも現代の味といわれても正しようもありません。



$4程度のものが多いので、Tinに比較して安物で比較にもなりません。

Tinものは凡そ$10~14です。

勿論課税前の現地価格です。



画像作成の都合で桃山、国内で求めたものも含まれておりますが悪しからずご了承ねがいます。

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »