2013年7月19日 (金)

恐々

DSC03633vlt.jpg

njrbr.jpg


PCを新規導入し、設定他全て完了して一安心と思った矢先、突然ダウン。

画面には、「診断中」の表示繰り返しのみ。

数回を経て止むなくメーカに相談。

結果「リカバリ」必要とのことで、その処理。

以前の如く厄介なDV、CDの入れたり、出したりはなくなりましたが、この措置はうんざりです。

Made in Japan,2013.7.の記名版もありますが。

当方のミスもあるかも知れず、メーカに不具合の責任があるとは思っても居りません。

更には,新pcからは、画像送信表示が不可。

これもこれから要解決。

よってこれは、旧pcからの更新です。

いつダウンするか分からず、戦々恐々です。

その都度リカバリをするのは別に宜しいのですが、その面倒が!

そのうちメーカ修理になる運命かも。

ところで、新pcにて当方画像を眺めたところ、実に暗い。驚きました。

常にー3、Vivid ALL+1に設定してありますが、この旧pcでは普通の色調です。

皆様の画面でも矢張り暗い画像とすれば、深くお詫び申し上げます。

更には、花の呼称、撮影データも記載出来ず、申し訳ありません。

花の呼称は、検索一覧が以前のリカバリの折に削除された侭、その後手当てしてありません。

データの不記載は小生の怠惰の所為です。

上掲でも2番目の「捩れ花」?しか分かりません。不悪。

そのような次第で、本更新は無事送信可能なることを祈るのみです。

(新pcで試行錯誤の結果では、送信不可)

 

駄文にて失礼致しました。

-camera:NEX-5N W/E30mm macro -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

明解

DSC03638ajsbr.jpg

DSC03572rdbr.jpg

DSC03587wht1.jpg


過日学者先生のお話で、紫陽花には虫も寄らないということを勉強。

紫陽花を注意して眺めると、確かに虫も無視しているのか、葉にも全く見かけない。

そのことを画像投稿の折付言したところ、早速のご指摘あり、虫は寄り付くとのこと。

その後、映像にて葉上の蛙や蝸牛を見て、些かの勉強をさせて頂きました。

草花を眺める機会があれば、自身で良く観察すること。

事実はそこにあり。

ふと耳にしたことを俄かに信じては宜しくないということ。

真実のところは、学術書を見た訳ではないので信、不信は問題外のこと。

要は安易に物事について語る勿れということでしょうか。



話は変わりますが、加工ソフトのオリマスが愈々駄目になって来ました。

オリマスが宜しくない訳ではなく、PCの所為であろうことは、既述の如し。

そのような訳で上掲画像もその侭のものです。

PCだけは、今のところ最早お手上げです




-camera:NEX-5N w/e30mm macro -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

メション

DSC00005mrcdm1.jpg

DSC00010mrcdm2.jpg

E.A.ポーは良く読みます。

受験勉強の折に、確か”Everymans"で拾い読みした記憶があります。

翻訳でも読みました。

ところで翻訳の「盗まれた手紙」の冒頭に表題の「メション」という言葉があり、少し気になっておりました。

原典では、”Meerschaum”とあります。

メアシャウムと読んでいたように思います。

メションとは、英語読みであったのかも知れませんが。

意味は、読んで字の如く「海の泡」、つまり「海泡石」のこと。

トルコ産出のもので、パイプに加工されたものが有名であったようです。

二枚目のものは、所属のパイプクラブでコンテストがあった折の当方のものです。

昔は、自然に、長年月を経て色付いた物を尊んだ由。

どこかの王様が家来に始終吸わせて、煙色をつけさせたというお話もあります。

当方は、ピー缶一缶と一週間程でこの色にしました。

手段は選ばずということでした。

トルコで五輪が開催されたら、かかるパイプが格好のお土産になろうかと。

トルコは、更には非常に有名な煙草葉の産出国で、「ゲルベゾルテ」その他美味しい煙草がありました。

パイプ煙草にミックスされたものは、実に美味でした。

煙草と写真機の話は尽きません。

一週間位でも尽きないと思います。

でこの辺で。


- camera: NEX-5N w/e30mm macro -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

虫声

DSC00598ab1.jpg


DSC00655abbr.jpg



人語、と続きます。

過ぎた季節ですが、手紙の挨拶に良く使用しました。

「虫声人語の候」と記し始めます。

毛筆を御使用の方は、未だお使いかも知れませんが。

何れにせよ外来の言葉です。

立冬も過ぎましたが、これも我が国固有の言葉に非ず、渡来です。


本来の意味を論議する目的はなく、我流の解釈を一言。

虫声はきっと存在するでしょうが、我々には聴こえない。

万一虫声があるとしても、密やかに、穏やかには発しているのかも知れず。

それ程に、人も声を大にして話すことはせず、且つ多弁は弄しないようにする。

話すにしても、他に聴こえぬ程の小声が重要。


上掲の四字の言葉は、かく諭したものではないか、と勝手に解釈してます。


兎に角、草花を眺めていると、虫達の無心な姿にも感心します。


いっそのこと、貝のように殻を閉じて沈黙に固執するのが賢明なのか。



-camera: NEX-5N w/e30mm macro -









| | コメント (0) | トラックバック (0)