2020年9月25日 (金)

Sony新カメα7c発売

00_ljpg7c_20200925112501thumb1

2020.10.23発売予定

α7cキットレンズ20-60mm付 ¥236,600
α7c 本体            ¥203,000

画素数;35.6mp x 23.5mp(23.5mpx15.6mp APS-C)

6600並みの本体にてフルサイズですから携行には楽。

FullSizeはα7R3の使用経験あり、画素数の多いメリットは勿論ありました。

FEレンズ50mmのみを6500にて使用しておりますが、愈々軽量ボディにてのフルサイズレンズが使えそうです。

唯一残念なのはフラシュが付いてないので家庭用には欠点となります。

兎に角楽しみに発売を待ちます。


| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

北斎と柚子

Dsc02571

 

Dsc02575

 

Dsc02577

 

Dsc02643



北斎は60歳ころに中風を患い、その折に柚子を薬として製し飲用したとのことで、病気は快癒したことが北斎伝に記されてります。

漢籍によったようです。

当方柚子が好みでマーマレードジャムをよく作ります。


上掲写真の通りです。


お砂糖で煮詰めたため糖分摂取過多に落ちいりますが、ヨーグルト他あらゆる料理ものに入れて味わっております。



最近ではこの柚子も容易には買えませんが。


冬至の12月22日には大量に求める予定にしております。




ーカメラ: Sony A6000+Macro30mmF3.5-

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

MeerSchaum(2)

先回画像が表示不可能でしたので、再度Tryしてみます:

2019.11.1購入時

Dsc02001_20191124164301  




2019.11.21現在
Dsc02586_20191124164801 


タバコ缶のSmyrnaと背景のBorgesの作品については稿を新たにします。


未だに勉強が不足しておりますのでおかしいところが多々あります。

そのうちに満足のいくものになるかも知れません。



| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

DraculaPipeと本のこと

Dsc00012_1 


Petersonにドラキュラパイプがあり求めてみました。

日本では入手が殆ど不可能な派手な色です。


1週間ほどで到着。

パイプとしては造りの云々は論外ですので触れません。


肝心の本のことです。


BramStokerというIrelandの作家がものしているのを初めて知りました。


PenguinBooksの在庫がAmazonにあり求めてみました。



もとよりDraculaについては余り関心がありませんが、Irelandの作家という点に興味がありました。


JoyceUlyssesをこつこつ読んでおるものですが、Irelandについての関心から求めただけのことですが。


BShawもアイルランドの人ということは余り気が付かない点ではありました。



Enya、U2、それにKeltのことなど。



ところで画像がまだ数枚ありますが、NiftyのBlogが未だに難解にてうまく行きません。




他の画像のアップは断念!



以前付記しましたがそろそろBlogも止める時期かと思っております。




或いは他への引っ越しもありかと思いますが。





  

 

 

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

トボトボ

Dsc02393

 

テストです。

 

以前のように画像をUPしましたが画面の中央ではなく、左側表示のようです。

 

下書きではそのように表示されます。

以前より操作その他が容易ではなくなりました。

 

馴れるまで大変のようです。

 

 

- camera: A6500 + SELP16-50mm -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

子猫

Dsc01423_2






最近野良を見かけることがすくなくなって写真も撮れません。



たまの子猫も飼い猫でしょうかすぐ隠れてしまいます。




以前の野良達も恐らく処分されてしまったのか、消えてしまいました。




老猫ではなかったのですが。






尤も春になると家猫たちが散歩に現れるのを見るしかありません。






都会に出かける必要もあるかも知れません。









-  camera    A6500    Fe3.5macro 50mm   -




















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

2ワン

Dsc00709
     飼い主を待つビーグル。  老犬です。

 Dsc01068
     6ヶ月だそうです。





散歩の途次見かけたビーグル犬の2態。




2匹とも頭を撫ぜても平気。





他にも見かけますが飼い主と一緒では写真を撮るのに些か躊躇。









- camera:   Sony A6500 + FE50mm F2.8  -



| | コメント (0)

2018年11月12日 (月)

Cuber

Dsc00188


Dsc00202


Dsc00198


Cube Playをする人の呼称がCuberとのこと。


Megahouseの製品を求めると「認定書引換券」がついており郵券¥500の送付で凡そ3週間後に上掲の認定書が送られて来ます。


手順書を見ながらの完成ですからあまり自慢にはなりません。



兎に角6面揃えは終わりました。



次は手順を見ないで揃える難関が待ち受けておりますがいつのことになりますやら。



57通りの手順を覚えることなど先ず不可能。




Cubeも計7個になりました。





早くて5分、じっくりで30分かかって揃えております。




近況報告まで






- camera  :  Sony A6500  + Fe50mmf2.8  macro  -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

色々

Dsc03933



Dsc00017







黄色にも色々あるものです。





交通信号は黄色とばかり思ってよく見ると橙色。

黄色はWarningの意味で固定した黄色の概念、観念があるものですが、世間ではそうではないようで。





Cubeの場合は個人の使用上の問題もあり、当方の黄色概念に反するので、右側のGANのCubeの購入先のAmazonに相談の結果返品させて頂きました。




かなり有名なBrandですが、今後は敬遠する必要のあるBrandです。




尤も将来当方の黄色概念に変化が起これば別ですがいまのところ己の概念に従います。





ぼやけた橙色の交通信号には止むを得ず危険信号と理解せざるを得ませんが。






- camera: Sony A6500 + Fe50mm  f2.8  -





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

悪戦苦闘

Dsc03816





Dsc03812







残り3個で難航していたCubeも2日後にはやっと6面完成しました。





依拠の手本は公式ガイド本。



結果的にこの書物が最も有益でした。








動画は殆ど無用でした。




只皆様の手法を眺めるだけに終わりました。




攻略本の有難み。




宝島本もありますが赤線が細くて見辛いという欠点が!






塾というのにも参加しましたが、6面完成への助力は得ましたが以後の研鑽には余り有益なところではなかったという印象です。


指導、教示面では欠落の多い結果だけが残りました。


1人¥4000で2,3人の参加でPayするのでしょうか?




個人ガイドも受けましたがiPad動画を頼りにするという誠に頼りないのない教え方!



こちらも計¥4000を費消しましたが落胆という印象だけでした。






残るは頼りにするのは書物しかありません。




それと非力な自能力のみ。







Cubeそのものが高価ではない関係で未完で終わってもさほどの失望感も湧かないということでしょうか。






当方は6面完成しても今後は余りいじることはないと思います。





時間と労力(手指駆使)の費消という事実はあります。




視力の弱化という欠点もあります。







字習と読書に今後は時間を費消すべきと思っております。





愚息からの呆け予防に頂戴したものではありますが、その目的の為には他にも種々あるやと思ってはおります。


鶴亀算、相対性原理等の勉強とか!








Cubeの現在の印象です。




拙い感想にて恐れ入ります。






-   camera   :    Sony A6500 + Fe50mmf2.8 macro   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧