2013年8月25日 (日)

新レンズ

TS560x560~2666514[1].jpg

TS560x560[2].jpg





LEAK,即ちPRということでしょうか。

当方は、E16~70mmに関心あり。

然し口径55mm?という仕様が分かる位で委細不詳。

最短撮影距離、最大倍率、重量とか。

早く知りたいものです。

勿論価格も。

キットレンズとするなら、高価は困難、でプラ製かも。

製造国は、infoの漏れ出したところから推察すると東アジア製?

FFの製造国も不詳ですが、タイ製、日本製なら素直な関心を抱けますが、東アジア製なら暫時躊躇。

そのことよりも、高価なものを携行していて、コツンの危険も充分あり、これでも躊躇する原因になります。

我が国も危険が一杯のあちこち。

弱者は身を守るのが一番。

屈強さを失った者は、注意が肝要。

一方凡そ購入層としての世界が相手とすれば、マイナーはお呼びではない。

ハイ、その通りです。

安物化してしまった写真機とレンズでも写真は撮れますが。

話は些か変わりますが、マクロレンズの方はどこへやら。

一番の楽しみは60mm程度のマクロレンズでしたが、最近では噂も全くなし。

売れるものから売る。

とは言いながら、30万、10万の写真機、レンズで少売の強行も理解し難いところ。

とにかくソニーは頑張ってます。

多く売れると良いんですが。


- IMAGES ARE FROM LEAKED FORUMS ETC  -



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

復元

_DSC0001srs1.jpg

_DSC0017hibis.jpg

_DSC0020hibis2.jpg

_DSC0023org.jpg



過日は、竪穴式住居復元が消失した由ですが、当方の場合はカードメモリー消失の復元のこと。

「転結」から始めます。

CARDRECOVERYというカード復元の優れたソフトに一難を救われた話です。

消失したカードのサイズ、撮影日時、撮影機種他全て復元するというソフトの存在には、不勉強ながら驚きました。KEY入手に¥3,780ほど掛かりました。

某月某日の重要な記録が突然消失した訳ですから、少々慌てました。

当方、画像の保存には2種類の加工ソフトを使用しており、使用後は重要と思われるものは外付けに保存しております。

当日の失策は、第一の加工ソフトを全削除したところ、第二ソフト分までが削除されてしまったことです。

メモリーカードは、保存が終了後には、即全削除するのが習慣です。

たまたま当該画像は撮りなおしの不可能なものでしたから、一瞬臍をかみました。

ここからは、「起承」の話です:

一応何か解決法がないか調べたところ、ソフトfn(仮称)というのを発見。直ちにサンプル版にてtry。randomに復元はされたのですが、千差万別、千種万様、唯の画像リスト如きものが表示され、それから先は¥3.980を支払ってDLの後KEYを入手せよとの表示。早速ONLINE決済し、KEY番号を入手し、いざ入力せんとしたところ、当該欄は跡形もなく消え去り、手の打ちようがなく、当該業者あて電話するも全く繋がりません。業を煮やして、電子メールにて質問、2日程経て担当者名もない電子メールによる回答あり、別のPCにDLせよとの示唆。呆れました。

これでは駄目だと判断、冒頭のソフトに行き着いた次第。

 

K-COMでも眼にしておれば良かったのですが、後の祭り。当方の愚かさを悟った一事でした。

「ゴミ以下のソフト、電話が通じたためしがない」というたった一行の書き込みを見て、さもありなんと思った次第です。


CARDRECOVERYのKEYは、確か36桁でしたか。保存もMY DOXにきちんとされ、即外付けに保存したのは言うまでもありません。データの正確さには脱帽です。

世の中様変わりし、且つ恐ろしい状況にもなっているのを認識せぬ、己の愚かさをここでも悟らされた次第です。

先ずは世界を見るということを学びました。

先日も我が国では不可能なSONYカメラのシャッターカウントの解析法が、海外に存在にすることを知り、GLOBALという言葉で己を納得せしめたばかりですが。

話はかわりますが、新PCの診断が完了して、12日目に戻って来ましたが、修理に数万円も要する見積もり。梱包から解きもせず畳の上に寝かせた侭です。この旧PCが何とか動くので、当分この侭です。

残暑厳しい最中の饒舌にて失礼致しました。

(誤作動多いため読み難い言葉の羅列にて不悪)

 

-camera:NEX-5 w/e30mm macro -










 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

NEX-FF

sony-nex-7_zps31f3c6b6[1].jpg

sony_QX10_1[1].jpg

sony_DSC-QX100_DSC-QX10_1[1].jpg

_DSC0019gldbg2.jpg


残暑お見舞い申し上げます。

立秋も過ぎたのにこの暑さ!

気象変化に奇異さを感じます。

42~3度のところで写真を撮り歩いた暑さを想起もします。


未だ新PCは戻って来ません。10日経ちますが、何の連絡もなし。

仕方なく旧pcを使用再開しましたが誤作動ばかり。

機能も不全。


愈々NEXのFull Frame版の発表が近いような噂。

32MP,NEX-7より15%大きく、重量20%増(350G).

レンズは、35f2.8がキットになるのでしょうか。

オリの5軸防振装置機能も採用するとか。

却ってブレを増幅する機能を備えることになるのでしょうか?

不設定の機能があれば良いのですが。

それよりも、Shutter Count機能や連番を日付順とするょうな点をオリから学んで欲しいと思います。 小さなことですから検討もされないでしょう。提案も上に上げますという台詞を10年ほど聞いてますが、実現されたことはありませんし。

ところで、E16-70mm Gは、$1,000との噂ですから、キットには無理?

上掲画像は、NEX-7,新製品の一部ですが(QX10,QX100)、更には、NEX-5Tも発表される由。

9月は楽しみです。
 
NEX-FFは、10月末には、$3,000にて発売開始?

画像のリークしたものはともかく、まことしやかなFFの話は花火でしょうか?


小生は、未だにNEX-5使用、約36,000ショット。

これに軽いマクロを装着して黄金虫など撮れてますから、余り不満はありません。

草花は、GX200の片手撮りですが、みなブレ写真ばかりです。

末尾ながら、いつもアクセスいて頂いている皆様に厚く御礼申し上げます。


注:誤作動があり、お見苦しいところが多いと思われます。平にご容赦を!


- camera:NEX-5 w/e30mm macro,但しNo.4のみ -









 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

恐々

DSC03633vlt.jpg

njrbr.jpg


PCを新規導入し、設定他全て完了して一安心と思った矢先、突然ダウン。

画面には、「診断中」の表示繰り返しのみ。

数回を経て止むなくメーカに相談。

結果「リカバリ」必要とのことで、その処理。

以前の如く厄介なDV、CDの入れたり、出したりはなくなりましたが、この措置はうんざりです。

Made in Japan,2013.7.の記名版もありますが。

当方のミスもあるかも知れず、メーカに不具合の責任があるとは思っても居りません。

更には,新pcからは、画像送信表示が不可。

これもこれから要解決。

よってこれは、旧pcからの更新です。

いつダウンするか分からず、戦々恐々です。

その都度リカバリをするのは別に宜しいのですが、その面倒が!

そのうちメーカ修理になる運命かも。

ところで、新pcにて当方画像を眺めたところ、実に暗い。驚きました。

常にー3、Vivid ALL+1に設定してありますが、この旧pcでは普通の色調です。

皆様の画面でも矢張り暗い画像とすれば、深くお詫び申し上げます。

更には、花の呼称、撮影データも記載出来ず、申し訳ありません。

花の呼称は、検索一覧が以前のリカバリの折に削除された侭、その後手当てしてありません。

データの不記載は小生の怠惰の所為です。

上掲でも2番目の「捩れ花」?しか分かりません。不悪。

そのような次第で、本更新は無事送信可能なることを祈るのみです。

(新pcで試行錯誤の結果では、送信不可)

 

駄文にて失礼致しました。

-camera:NEX-5N W/E30mm macro -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

明解

DSC03638ajsbr.jpg

DSC03572rdbr.jpg

DSC03587wht1.jpg


過日学者先生のお話で、紫陽花には虫も寄らないということを勉強。

紫陽花を注意して眺めると、確かに虫も無視しているのか、葉にも全く見かけない。

そのことを画像投稿の折付言したところ、早速のご指摘あり、虫は寄り付くとのこと。

その後、映像にて葉上の蛙や蝸牛を見て、些かの勉強をさせて頂きました。

草花を眺める機会があれば、自身で良く観察すること。

事実はそこにあり。

ふと耳にしたことを俄かに信じては宜しくないということ。

真実のところは、学術書を見た訳ではないので信、不信は問題外のこと。

要は安易に物事について語る勿れということでしょうか。



話は変わりますが、加工ソフトのオリマスが愈々駄目になって来ました。

オリマスが宜しくない訳ではなく、PCの所為であろうことは、既述の如し。

そのような訳で上掲画像もその侭のものです。

PCだけは、今のところ最早お手上げです




-camera:NEX-5N w/e30mm macro -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

炎天

DSC03781wrnsb.jpg

DSC03808blbrbr.jpg

_DSC0044ari1.jpg


梅雨が明けて連日の猛暑。

当地では日中で37度ほどでしょうか。

毎夏のことですが、マクロ撮影にも辟易です。

しかるに、草花や虫達は頑健です。
  
最後の画像は糸瓜の花ですが、炎天下精一杯咲き、蟻も元気に美味しいものを味わっているよう。


話は変わります。

加工ソフトの不作動のことしばしば記しました。

PCの方もFlash playerをうるさいように画面でせがまれるので、遂にdl致しました。

ところが、GGLまで一緒について来てしまって、削除するのに往生致しました。

結局、全て削除してしまいました。

GGl設定に全て変更等という手数は今更不要と判断したためです。

すると次には、PCIというのが、いつのまにかdlされているのには呆れました。

これは、削除、追加のリストにもなく、削除方法も知らず。

いつのまにやら、TVも見られなくなるという始末。

炎暑の状況でPCの不具合を解決、処理には難儀至極。

この項も何度も試行錯誤の果てにやっと送信可能となる筈です。

先回がそうでしたから。

そろそろ年貢の納め時を示唆しているのかも。

PC系のこと暫時思考停止です。

暑い中愚痴話で恐縮でした。



- camera:NEX-5N w/e30mm macro -


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

メション

DSC00005mrcdm1.jpg

DSC00010mrcdm2.jpg

E.A.ポーは良く読みます。

受験勉強の折に、確か”Everymans"で拾い読みした記憶があります。

翻訳でも読みました。

ところで翻訳の「盗まれた手紙」の冒頭に表題の「メション」という言葉があり、少し気になっておりました。

原典では、”Meerschaum”とあります。

メアシャウムと読んでいたように思います。

メションとは、英語読みであったのかも知れませんが。

意味は、読んで字の如く「海の泡」、つまり「海泡石」のこと。

トルコ産出のもので、パイプに加工されたものが有名であったようです。

二枚目のものは、所属のパイプクラブでコンテストがあった折の当方のものです。

昔は、自然に、長年月を経て色付いた物を尊んだ由。

どこかの王様が家来に始終吸わせて、煙色をつけさせたというお話もあります。

当方は、ピー缶一缶と一週間程でこの色にしました。

手段は選ばずということでした。

トルコで五輪が開催されたら、かかるパイプが格好のお土産になろうかと。

トルコは、更には非常に有名な煙草葉の産出国で、「ゲルベゾルテ」その他美味しい煙草がありました。

パイプ煙草にミックスされたものは、実に美味でした。

煙草と写真機の話は尽きません。

一週間位でも尽きないと思います。

でこの辺で。


- camera: NEX-5N w/e30mm macro -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

シャッターカウント(2)

_DSC00025nfrt.jpg

_DSC00055nrear.jpg


たまに使用するN-5Nの画像です。

2枚目の画像の下部には、セロ貼付が写っております。

これはご高承の液晶画面を保護するハードガード?です。

純正です。

確かに液晶は保護されますが、チルトする度にに外れて、落下してしまいます。

不器用の所為です。

でセロで容易に外れない為の工夫をしてます。

ところで、本題です。

こちらは既に一年以上使用しておりますが、例のツールで解析した数値は、6月27日現在で2,519となっております。

数値が少ない云々は兎も角として、或る程度時期を経てチェックする時に、このツールが使用不能の状態に陥っている恐れは充分あります。

フリーソフトのJpganalyzer?ががその例です(勿論ソニーには適用不可能のことは承知しておりますが)。

ここでふと想起したので、ソニーのscの方のヒントの一言。

当該日撮影のカウントをメモしておくというものです。

当方カレンダーに数値をメモすることにしました。

月末に計算して、更に月間の数値をメモして行く。

一方、カードを始終フォーマットしていると、上記ツールは果たして累積数値を解析出来るのか、という疑問も湧いて来ます。

これは今後の検証して行くことになりますが、問題は果たしてこのメモ方式が継続し得るか否か余り自信ありません。



他愛のないことで、大変失礼致しました。


お詫びに拙画像を。ご笑覧下さい。


DSC03626cetr1.jpg

_DSC4312YLW1.jpg



- CAMERA:NEX-5 W/E1855mm+NEX-5N W/E30mm macro -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

蜂三態

DSC03670bee1br.jpg

DSC03671bee2.jpg

DSC03675bee3.jpg


 
薊の群生の中を歩いていて偶然蜂と遭遇。

接近は危険なので、恐る恐る離れたところから撮影。

クロップしてありますから、そのようにご覧下さい。

過日は、熊蜂と遭遇。

この時はさすがに構えました。

咄嗟に飛び逃げ可能の状態で撮影。

尤もたまたま写っていたと言うべき画像でしたが。

この、決して評価の芳しくないレンズも時には頑張ります。

とは言え出始めは3万弱でした。

昨今では半分ほどまで下落。

マクロの良いものがなかなか出て来ないので、マクロレンズで定評あるM43の新製品でも勉強しようと神田まで見に行って来ました。

ところが、電源スイッチ、MF時のレンズ位置の変更やら不満点が多少あり、暫時様子見とすることにしました。これらはデザイン系ですが、基本的問題が多々あるようです。

発売後の印象記では、種々と不具合が指摘されており吃驚仰天。

中には生産国を変えるべし等という意見まで噴出。

世の中うまく行かないものと悟りました。

43の方の松竹梅レンズの今後の運命や如何に。

オリには頑張って欲しいが・

蜂が飛躍して話題が転倒してしまいました。

これというのも、Eマウントのマクロレンズへの渇望がしからしめるところです(この表現方式は正しいのかな)。



- camera;NEX-5N w/e30mm macro -



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

シャッターカウント

    DSC03794n5frt.jpg

    DSC03787n5.jpg

   
   
    このカメラの使用は既に3年になります。
   
    確か2010.6.3.の発売であったと思います。

    後継機種も使用しておりますが、この古いほうにはShadeを装着してあり、屋外晴天の折には些か楽です。右側の遮蔽板?は既に折損、接着すると閉じられなくなるので、その侭。
   
    このshadeは主としてマクロ撮影が多いので、重宝しております。

    容易に脱落するので、接着剤で固着してあります。
   
    ところで、随分作業もしたので、この3年間のシャッターカウントを調べようとしたところ、このカメラだけはお手上げでした。

    他機種では、フリーソフトで容易にチェックが可能ですが、ソニーだけは駄目!
   
    SCに聞いても、「非公開」の一点張りで全く話にもなりません。
   
    万策尽きて海外にソフトないものか探索していたところ、ありました。
   
    恐らく米国人の解析法だと思われますが、その方法によりカウント解析に成功致しました。
   
    尤も、かなりの方の助力を得て成功した訳ですが、助かりました。
   
    その結果: NEX-5 : 2013.4.7現在 → 34,871ショット

          NEX-5N:  2013.6.27現在 → 2,519ショット
   
    当方の推定数値では、倍程に勘定しておりましたので、割合少ないので些か驚いております。
   
    尤も多機種も使用していたので、案外妥当な数値かも知れません。
   
    画像を解析する数理の達人が可能ならしめた方法ですが、我が国ではなく外国において案出された点が
些か気になります。
   
    方法としては、オリやリコーの如き何段階かの過程を経ての表示よりも安易かなとも思われます。
   
    という訳で、このカメラは未だ当分使用が可能のようで、安心致しました。
   
    一方N-5Nの方はぼやーんと起動したり、ダイアルが容易に回転したりして使用が難であることが多く、
当方はこちらのNEX-5の方を常用する機会が多いと言えます。
   
   
    駄文にて大変失礼致しました。
   
   
    注;Shutter Count,Shuuter Actuationが宜しいようで、shot数は些か中品な呼称かも知れません。

      又、このソフト使用についての許諾関係も不詳なので、委細は省略させて頂きます。
   
      それに大方は、シャッターカウント等一切気にしないということのようですし。

    - camera; NEX-5N w/e1855mm -

   
   
   
   
   
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧