2012年12月24日 (月)

柚子

DSC01243yz.jpg



北斎伝に、北斎が絵と共に柚子を中風治療の為に調理する話あり。注:中風=卒中

そのことを思い出して、先日の冬至に求めてあった3個を煮詰めて、マーマレードの自家製。

糖分敬遠の為、砂糖はほんの少量、5g程使用。

冷やして、早速食パンに載せて食す。

苦い、実に苦い。

然し敢えて砂糖類を加えず。

苦い侭食し続けるつもり。

ゼリーを求めて加える一案、後ほど実行予定。


何れ何らかの因にて、絶命ないしはこの種病を得ることも予想。

当方は絶命を選ぶこと必定。

予防に効あれば良いのですが!


G.Gouldも57,58歳程で亡くなったのは、この病であったと言われているようですが。

しかも孤独の境遇の中での死であったよう。

そのことを常に想起するせいもあって、亡くなる2年程前に録音されたという、Goldbergを聴くと悲壮感に襲われます。



日常の健康に留意、生活するも突然の病の到来は、予知不可。

一日の生を無事経過すれば、先ずはそれで良しとするしかなし。

いつまで続くか、知る由もなし。


と言う冷え込む日の夕刻の述懐。


-camera:NEX-5N w/e30mm -













 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

マリンバ

DSC01061krmb1hand.jpg



Marimba Duoを久しぶりで聴いて来ました。

上野公園の子規球場の近くで。


Xmasの選曲が多かった様な。

美しい音色でした。


通りがかりに、ふと一曲、2曲に耳を傾ける.....。

美しい音を後に、記憶に留めつつ。

西郷像、不忍池、と当日は、いつもと異なる路程を。


瞬時というべきでしょうか、久しぶりでマリンバを聴けたのは欣喜。

さて、次はいつの上京?

年内には、もう一度聴きに来たいものです。




- camera:NEX-5N w/e18-55mm -





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

接写

DSC00801rd1.jpg

DSC0079rd.jpg

DSC00996rdbr1.jpg

DSC01005wht1.jpg

DSC00912lvs.jpg



噂によれば、リコーが新レンズの特許を出願中の由。

[1/1.7素子、24~100mm用]ということは。

愈々GX300が近々発表されるかも!

或いは、コンデジ用かな?

GX300なら嬉しいが!

但しGX200からの種々の改良も必須!

AFの速度、液晶の鮮明度、高ISOの可能性等々。

当方今のところEマクロレンズで撮影した画像をクロップしているのみ。

明年には、CZからE50mmマクロレンズが発売される話もあり、大いに期待!

それ以上に、GX300により以上の期待を寄せております。


閑話休題

音のことを少し。

過日、ラジオでリルケの短編「駆け落ち」の朗読を聴いておりましたところ、伴奏音楽にマリンバ、パーカが使用され、その美しい音色から非常なる快を得ました!

この時、ふと上野公園にて嘗て耳にした、マリンバ演奏のことを想起。

ひょっとすると、と思い検索をして見ると、ちゃんとありました!

”Marimba Duo”!!

HPにも到達しました。

これからののSCDHLも分かりました!

明14日。それに15日、22日。

演奏場所は、流れて来るマリンバの美しい音を頼りに行けば、きっと分かる筈。


明日も晴れれたら良いね!


-
camera:NEX-5 w/e16mm,e30mm -










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

秋景

R1124795deepred2.jpg


R1124865autumn.jpg


とある神社に参拝した折の画像です。

ご笑覧下さい。

花の名前は不詳です。


衣替えもしたのですが、日中の散歩では未だ汗ばみます。

朝晩は冷え込んで来て、北タイの乾期?に経験したような昼間との温度差を感じます。

湿度も下がって、55%に至りますと、些か眼が辛いところです。

凌ぎに問題のある湿気よりはましですが。


- camera:gx200 -



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

太鼓

「鼓童」も聴きました。

「鬼太鼓」同様素晴らしい音に感動!

kodow1.jpg
バリ風の曲もあり、楽しく聴いております。こちらも臥床時のためにMDに録音してあります。

矢張り「大太鼓」というのでしょうか、ドーン、ドーンと余韻のある音が最高です。マスキングの効果も大です。

漱石の文章に、修善寺の太鼓が、前後を切った太鼓の音、とあったように記憶しておりますが、余韻がないということは、振動がない?空気の関係?からなのでしょうか。或いは、お寺から養生地までの距離が関係していたか。
漱石の記憶に音だけが残っていて、種々連想が湧く、ということであって、現実の太鼓音の描写ではなかったかも知れません。

太鼓には、余韻が不可欠かと。


taiko1.JPG
下谷神社(東京上野)のお祭りの準備中のところを、スナップしたものですが、これほどの大きさで、どの位の大音量になるのか、見当もつきません。

太鼓の博物館があれば、太鼓のサイズと音量について、是非勉強したいと考えております。

深夜の騒音対策、マスキングのため毎夜ノイキャンを被って太鼓を聴き続けようと思います。あと一年位でしょうか。

マスキングについての新しい発見でもあれば、改めてということで、
太鼓のこともこの辺で、打ち止めです。


- camera: e330,e5000 -


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

並発見

今回は並の発見です。中の上くらいでしょうか。

太鼓のみを4時間も聴き続けるには、かなりの鍛錬が必要のようです。

音楽性の追求とか、打楽器の研究といった企図が要求されるのではないでしょうか。

マスキングの為に太鼓音楽を聴くのは、誤った手法であるかも知れません。

マスキングが目的とはいえ、矢張り普通の音楽的な要素が多少必要かとも考えました。


そこで;


jlc1.jpg
「ジャック ルーシェ トリオ」のベースとドラムが、ピアノ以上に、力強く演奏されていることに、思い至りました。これが「並発見」。

「オイゲン キケロ」の場合は、ピアノが強く、ベース等はややソフトに演奏されているように思われます。それでも打楽器は、連続演奏といえます。

「鬼太鼓」も素晴らしいものですが、全曲が太鼓連打ではなく、笛、鉦?、更には小太鼓等も含んだ曲があります。打楽器音楽としては、それで良いと思われます。

音楽は専門ではありませんので、細論はさておいて;



jlcgold1.jpg
以上に加えて、J.ルーシェ トリオの「ゴールドベルグ変奏曲」の、計4枚のCDをMDにおさめました。約4時間。

身内から頂戴したCDですが、肖像権問題はないと考え、画像を表示致しました。最近では毎夜このMDを聴きつつ横臥。太鼓も聴きますが。

バッハは好んで聴きますし、グールドの次によく聴く"Goldberg"は,Jacques Loussier Trioの演奏ですが、耳に優しいし、深夜には丁度良いかなと。

およそ21時頃から聴き始めますが、全てを完全に聴き通したことはありません。

大体「ゴールドベルグ」が終わる前には、睡ってしまっているようです。

深夜に覚醒し、ノイキャン、コンポ電源オフして、再睡です。

これで一日の終わりです。

さて、マスキングの効果は?

まとめは、「鼓童」を聴いてから。


「引越貧乏」を更に経験するのが、最短の解決法ですが、引越先はまだ見つかりまっせん。


今日の「艱難」、昨日の「辛苦」!

「明日は晴レカナ、曇リカナ」?


- camera: e5000 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

中発見

大発見はなかなかありません。

今回は「中発見」です。

過日の打楽器演奏曲のCDの画像は肖像権のこともあり、止めました。

しかし、別の方法を思いつきました。

md1.jpg
バルトークから吉原、更に「黒いオルフェ」まで、約5時間の音源をMDに収めました。

打楽器部分が一部にしか過ぎなかった点は、既述の通りです。

打楽器部分のみの編集は改めて。

画像の表示ということで。


ondeko3.jpg
「鬼太鼓(おんでこ)」「和太鼓」計4枚分のMDです。

実にダイナミック、豪快、繊細な様々の太鼓の演奏。

中でも最も素晴らしい太鼓音の感動を得たのは、「対馬蒙古太鼓」という曲でした。凄い迫力です!

21時頃から聴き始めたのですが、途中雷の轟音と振動で、さすがの重低音が得意のノイキャンもたじたじでした。

雷様の天啓、天示が轟音と振動に秘められているのではないか、と考えてしまいます。人間ども静かにせい!とでも教示しているのでしょうか。

わざわざの人工的な騒音を敢えて遮断するために、太鼓のみを敢えて聴き続けるという領域にまで達したわけですが。

しかし太鼓ばかり聴き続けるのは、些か疲れます。

今夜も太鼓を聴き乍ら横臥致します。

「鼓童」を次に聴いてみたいと思って、勉強中です。


- CAMERA: E5000 -





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

後報(ノイキャン)

過日のノイキャン新製品についての件、謹んで下記の通り訂正させて頂きます。


732right.jpg
スイッチは右側(左側と記してしまいました)。少し開き加減の箇所が、単四電池の装填場所です。

8月21日頃の発売となっておりましたが、8月11日には、量販店にて既に販売されておりました。

音質、遮音性ともに妥当なものではないかと、思われます。
委細に関しての評価は、差し控えさせて頂きます。


取り敢えず訂正の件迄


- camera: e330 w/35mmf3.5 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

続報

先日の「吉報」(ノイズキャンセリング ヘッドフォン)の続報です。
吉報ではありません。
発売は、8月下旬のようです。

大分待たされます。秋風が吹く頃の発売では、オンイアタイプの意味が薄れるのですが。


denondelivery2.jpg
通販販売店の情報です。量販店の話しでは、入荷時期は未定の由。メーカーのHPも8月上旬の発売予定の侭です。




denonswitch.jpg
電源スイッチは左側のようです。バッテリも左上に装填かな?カップがかなり厚い! 装着痛は?


500d1.jpg
毎晩の臥床時は、ノイキャンヘッドを被ってますが、暑い!蒸れる!
冬場は、防寒になるかな。重量200g


m31.jpg


以前は、この小さなスピーカーを枕元の横に寝かせて、小音の穏やかな音を楽しんでおりましたが、当分は駄目のようです。
横臥の時位、ノイズから解放されたいものです。
と言いながらも、外部騒音を低減して、ノイキャンヘッドフォンで音楽を聴いている訳ですが、何れも音。突発的な不快音か感性に愉悦や美感を与える人工的な構成音である音楽。騒音と美音の境目は?

01:30頃になると、カタコト、ガタガタ、ドシン、ドタン、ガラガラといった物音も少なくなります。

これで取り敢えず眠りに入る時間となります。

一日の終わりです。

一日生きられたことに感謝!


- camera: e5000 -




| | コメント (0) | トラックバック (0)